読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20時間睡眠

麻雀と音楽。

ネックとなる場所を考える

天鳳

 

 

f:id:Color___Nana:20161218044727j:image

 

 

上家が大きくリードしての東4局親番、ぱっと見ピンズの枚数が多く染めも見える手牌でこの西をスルー。

 

ホンイツを見るにしてもここでポンするのは少し焦り過ぎというか思考停止な感じがします。3-6pの受け被りも残り点棒状況を考えても上家が簡単に鳴かせてくれるとは思わない。門前でも二度受けのネックは残りますがチートイや平和一盃口の高打点まで見える。3pより上をツモった場合は7s切ってギリギリまで染めへの移行を見そうです。

 

 

見返してみると基本的な鳴き判断だと思うんですけどホンイツを過大評価し過ぎてるなーと気付かされる局面がちょいちょいあります。別の色切っていくだけである程度の打点&守備力が保証される染めは強いけどネックとなるターツを考えての副露判断がまだまだだと思っています。

 

長文は難しいです、日本語おかしい気がする